小山動物病院|横浜市泉区の犬・猫 動物病院

Home > 院長紹介

院長紹介

ご挨拶

院長 小山幸伸
私は、昭和50年に大学を卒業と同時に獣医師として公務員の仕事を10年間勤めてまいりました。その間、公務上沢山の不幸な動物たちを見てきました。その影響で動物の健康や生命について飼い主様と相談のできる、地域密着型の小動物のホームドクターになりたいと強く思い、昭和60年に横浜市の泉区で犬、猫、小鳥の動物病院を開業いたしました。
ペットは大切な家族の一員です。誰もが毎日健康で長生きして欲しいと願う思いは同じだと思います。しかし、人間同様に多くのけがや病気があります。長寿化に伴う生活習慣病的な慢性疾患や腫瘍などは時として治療が困難な場合があります。当院では、まず動物の身になって苦痛を和らげQOL(生活の質)の向上に努めます。そして、飼い主様に丁寧に説明をして治療法を選択していただきます。先進医療設備を備えた施設で専門知識と経験を持った獣医師の診療をご希望される飼い主様には、大学病院や高度医療センター等と連携を図っておりますので、ご紹介する場合もございます。
また、当院でも皆様の大切なペットの生命を守るために病気の予防と早期発見と高い技術の獣医療を提供するために、日々、スタッフと全力で対応しております。

院長経歴

1952年生 小山幸伸
1975年  麻布獣医科大学卒業 獣医師免許取得
1975年  厚生省検疫所3年、横須賀市役所7年勤務
1985年  小山動物病院開院

所属団体

社団法人 横浜市獣医師会
社団法人 日本獣医師会
麻布獣医学会
日本臨床獣医学フォーラム
麻布大学獣医生化学研究室OB会