小山動物病院|横浜市泉区の犬・猫 動物病院

Home > そろそろノミ・ダニ予防を!

そろそろノミ・ダニ予防を!

☆ノミ編☆

3月に入り、暖かい日も多くなり、ワンちゃんもネコちゃんもお外に出るのが楽しい時期になってきました。

そこで、注意しなくてはいけないのは、ノミやダニなどの寄生虫です。

<ノミのライフサイクル>

ノミは、卵→幼虫→サナギ→成虫→卵 と繰り返し生活します。

ノミは室温が13℃以上になると繁殖が活発になり、メスのノミは1日約40~50個の卵を産み、卵から成虫になるまでは3~4週間くらいで、早いと2週間くらいです。

幼虫になるとカーペットや繊維の奥、たたみのすきまでぬくぬくと育ちます。

サナギの状態で、最長325日も潜伏することができるのです。

ノミが寄生しやすい環境(パターン)

①散歩中の公園や草むらなどから寄生するパターン

人が外から持ち帰ってしまうパターン

③周りに野良猫などが多いパターン

<ノミ・ダニ予防薬の効果>

予防薬を使うことにより、卵のふ化や成長を抑制し、成虫になることを阻止できます。

もちろん、寄生したノミに対しても24時間以内にほとんどの成虫を駆除することができます。

<ノミ・ダニ予防薬のタイプ>

●滴下タイプ・・・被毛をかき分けて、皮フに滴下します。

成分が体全体に拡散して皮脂腺に蓄えられ皮脂とともに放出されます。

子犬からシニアまで使える安全性の高いクスリです。

●経口タイプ・・・食べやすいチュアブルタイプ(お肉タイプ)なので、ワンちゃんが喜んでたべてくれます。

投与後30分で駆除し始め6時間以内には駆除できます。

どちらのタイプも1ヶ月に1本(滴下タイプ)、1ヶ月に1個(チュアブルタイプ)と毎月1回の投薬により予防することができます。

ノミやダニは人への影響もありますので、お外に行く機会のあるワンちゃんやネコちゃんはもちろん、ペットホテルや病院などの通院で他のワンちゃんネコちゃんとの距離が近い場合は、すすんで予防をしましょう。

ノミが寄生してからではなく寄生する前に使うと良いと思います。