小山動物病院|横浜市泉区の犬・猫 動物病院

Home > :クスリの飲ませ方

<投薬>:クスリの飲ませ方

ワンちゃん・ネコちゃんにクスリを飲ませるのはとても大変です。

普段、診察の中の会話でも”クスリを飲むのが苦手で、口から出してしまう、クスリだけ残してしまうので飲ませられない”という話は多いです。これから、ワンちゃんはフィラリア薬が始まりますし、シニアのワンちゃん・ネコちゃんは毎日飲むクスリもでてきます。その中で、投薬が少しでも負担にならないためのポイントです。

★クスリの剤型を選ぼう★

錠剤・・・直接口の中へ入れて投薬する方法。

何かおいしい物に包んで投薬する方法。

今は、チキン、バニラ、ベーコンなどのフレーバーのついた錠剤もあります。

また錠剤を穴の中に入れて包む『ピルポケット』という補助ツールもあります。

ピルポケットはお肉タイプの投薬補助ツールです。

真ん中にクスリを入れる穴があります。手でギュッとつまむとクスリを上手に包み込むことができます。

犬用と猫用があり、チキン味になっています。

☆病院にサンプルがありますので、試してみたい方は声をかけて下さい。

Q.おいしい物に包むって?

A. 缶詰、またはドライフードをふやかしたもの。

・鶏のササミ

・チーズ

・パン   など

ネコちゃんはちゅ~るやバニラアイスに包むと投薬しやすいです。

液体・・・クスリを液体に溶いて、スポイトなどを使って口へ投薬する方法。

ゴハンにかけて投薬する方法。

甘くすると飲みやすいです。

粉剤・・・ゴハンにふりかけて投薬する方法。

液体に溶かして投薬する方法。

おいしい物に練りこんで投薬する方法。

チュアブル(お肉タイプ)

ワンちゃんの予防薬(ノミ・ダニ・フィラリア)やサプリメントなどに多く、はじめからお肉タイプなので、

そのまま飲ませることができて、嗜好性も良いので、喜んで食べてくれます。

≪投薬のコツ≫

・まずは、クスリだと見つからないこと。見えない場所で投薬の準備をして下さい。

・投薬後は、ご褒美を与えたり、遊んだり、ほめて下さい。何日か投薬する場合は、次から嫌がられない為にも。

≪投薬のリスク≫

・嫌な思いをすると次から警戒するので、押さえつけてなど力で対応しないこと。

飲んだ後に吐いたり、食欲が落ちることがあります。投薬がストレスになっていないかチェックしましょう。

個体により、性格があるので投薬できないワンちゃん、ネコちゃんもいます。

その時はご相談して下さい。