小山動物病院|横浜市泉区の犬・猫 動物病院

Home > 肥満について

肥満について

最近では、ワンちゃん、ネコちゃんの肥満に悩む飼い主さんも多く見られます。

背景には、「欲しがるので、ついつい与えてしまう」という過食や、

「人の食べ物やおやつなど、主食のフード以外が好き」という好き嫌いなど、

食事の量や内容に問題があることがあります。

◎肥満の悪循環

例)ワンちゃんの場合

肥 満

脚に負担がかかり関節疾患となる。

動きたがらず、運動量が減る。(エネルギーをあまり消費しなくなる)

肥 満

例)ネコちゃんの場合

肥 満

運動しない。

飲水量が減る。おしっこが減る。

尿路感染症のリスクが増える。

このように、肥満は連鎖的に他の病気を引き起こすことがあります。

(他には、糖尿病気管や心臓への負担高脂血症なども挙げられます。)

◎理想的な体型とは

・肋骨に簡単に触ることができる。

・腰(ウエスト)がくびれている。

◎減量のしかた

『ごはんの量を減らす』『運動量をふやす』と考えやすいですが、単純に量を減らすのは危険です。

量を半分に減らすということは、栄養素も半分になってしまいます。専用のフードを利用すれば、

カロリーはおとしても、栄養素はそのままですから健康的に減量できます。

①正しい給与量を決める

現在の体重ではなく、適正体重から一日の給与量を計算してきめます。

②水とフードしか与えない

カロリーの高いおやつや人の食べ物は中止(できなければ徐々にへらす。)

③定期的に体重を測る

体重の増減により減量プログラムに取り組みやすくなります。途中、停滞期などで、思うように体重が

減らないときでも、長い経過での変化がわかると頑張る力になります。

④運動を取り入れる

体重が落ちて、体への負担が少なくなってから、運動量を増やす。

***院内には、計量カップや試供品も取り揃えておりますので、

必要な方はお気軽にお声がけください^^♪***