小山動物病院|横浜市泉区の犬・猫 動物病院

Home > 犬・猫の夏バテ・熱中症

犬・猫の夏バテ・熱中症

<夏バテ・熱中症>

夏も本番になってきましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

ワンちゃん、ネコちゃんたちは大丈夫ですか?

昔に比べると、今は室内飼いも増え、夏バテ・熱中症は減ってきましたが

被毛があり、汗腺の数が少ない犬や猫にとって高温多湿の日本の夏は厳しい季節です。

◎症状

・食欲の低下

・元気がない・ぐったりしている

・体重の減少

※呼吸が荒くなったり、ぐったりしていたら熱中症の可能性がありますので、

水をかけてすぐに病院へ連れてきてください。

特に気を付けたい犬や猫は、シニアの子、短頭種の子(シーズー・パグ・フレンチブルドッグなど)、

呼吸器や心疾患の持病を持つ子、肥満の子などです。

◎予防

環境温度を低くしてあげること。

室内飼育はの場合は、エアコンを利用して温度調節をこまめにしたり、クールジェルマットなどを使ってみると良いでしょう。

室外飼育の場合は、よしずなどで日陰を作ってあげたり、風通しの良いところにおいてあげましょう。

真夏は、夕方や夜でも暑さが残っている場合があるので、散歩の時間も朝がベストです。

体温調節のために、冷たい水がいつでも飲めるように工夫するのも重要です。

◎食欲増進するための工夫

水分の多いパウチや缶詰を使うことで、効率よく水分補給ができます。

冷たいフードは、温めたり、ぬるま湯をかけてにおいを出したりするのも良いでしょう。

食べないからと、あれこれフードを変更したり、味の濃いものをトッピングするのは、おすすめできません。

※院内にも、いくつか試供品がありますので、困ったときはご相談ください♪(^^♪